「KIN(キン)」の如く生きると、あなたはもっと輝く! ~MASAYUKIのマヤ暦占星術で自分の運命を知って、もっと幸せになる! Vol.2~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

「KIN(キン)」の如く生きると、あなたはもっと輝く! ~MASAYUKIのマヤ暦占星術で自分の運命を知って、もっと幸せになる! Vol.2~

「KIN(キン)」は、あなただけの“IDナンバー”

こんにちは!
マヤ暦占星術師、マヤ暦ソウルナビゲーター、マヤ暦恋愛セラピストのMASAYUKIです。

前回は、私の自己紹介の意味も込めて
私がマヤ暦、そしてマヤ暦占星術に出会うまでの道のりをお伝えしました。

そこで今回からは、改めてマヤ暦、そしてマヤ暦占星術について詳しくお話していきたいと思います。

まずは、前回ご紹介したマヤ暦についての簡単なおさらいをしておきましょう。

マヤ暦とは、今から4、5千年前にメキシコ・グアテマラ周辺で繁栄した文明に生きた
マヤの先住民たちが使っていた暦であること。
また彼らは、その高度なテクノロジーで正確な天体観測を行い、精密な暦を作りあげていたこと。
そして、彼らが使い分けていたとされる17種類の暦の中でも
特に、1 周期を260 日とする「ツォルキン(神聖暦)」と呼ばれるカレンダーは、
古代マヤの神官が使用していた神聖な暦であること、という内容でした。

今回は、マヤ暦占星術について十分に理解していただくためにも、
マヤ暦で使用されている言葉や用語などを、説明していきたいと思います。

まず、マヤ暦に触れると、必ずあるひとつの言葉に出会います。
それは、「KIN(キン)」というワードです。

「あなたのKINは何?」
「自分のKINナンバーは?」

などという風に、マヤ暦の世界に足を踏み入れると、
常にいつも登場してくるのがこの言葉ですが
果たして、この言葉には、どのような意味が隠されているのでしょうか?

KINとは、マヤ語で「1日の単位や、その人が持って生まれた星のこと」を意味します。
マヤ暦占星術でも、それぞれが生まれ持った星のことをKINで表現し、
その人の宿命、いわば、変えることのできない運命という意味で
「ソウルナンバー(魂のナンバー)」とも表現されています。

基本的に、KINとは、私たちが生まれる前に宇宙で刻印してきた、
自分だけの“IDナンバー”のようなものだと思ってください。
つまりKINとは、あなたの名刺のようなものであり、
あなたがあなたである証ともいえるものです。

ですから、自分のKINを知るということは、
この宇宙における自分の誕生日を知ることであり、
自分自身を知ることでもあるのです。

たとえば、西洋占星術をはじめ、さまざまな占星術でも自分の誕生日というものが
それぞれの運命や宿命を決定しているように、
私たちは、自身が誕生した日のエネルギーに大きく支配されているものです。
その考え方は、マヤ暦占星術も同じです。

あなたは、自分では気がついていなくても、
またそれが、今の自分にとって好むものであろうとなかろうと
あなたは、今生における自分の使命とテーマを決めて、
最もふさわしい日と星を自らが選んで生まれてきているのです。

94340014

 

自分のKINを活かすための生き方とは?

さて、あなたは、自分のKINをご存じですか?
もしまだの人は、以下でご自身のKINをチェックしてみてください。

URL: http://mayan-astrology.org/mayan-check/mmdest.html

あなたのKINは何番でしたか?

KINは、全部で260種類あり、何番のKINを持って生まれてきたかで、
自分が生まれ持った才能や人生のテーマ・目的や才能、向いている職業、
恋愛観、健康などさまざまな側面を知ることができます。

まずは、自分の証であるKINをしっかりと受け止めるところからスタートしてください。
私はよく「KINの如く生きる」という言葉を使いますが、
それは、自分の使命・才能を知って、
それをこの世界に最大限に、そして最高善のもとで
活かす生き方ができているかどうか、ということです。

 

たとえば、私はこれまでに一万人以上の方とお会いして鑑定を行ってきましたが、
生まれ持ったKINを十分に活かせている人とそうでない人がいることに気づきました。
それはつまり、自分にはある特別な優れた才能がきちんと備わっているのに、
それに気づいていないために、本来の魂のテーマと違う生き方をしている人が
意外にも多いということです。
そんな生き方は、もったいないと思うのは私だけでしょうか?
なぜならば、あなただけに託された宝物に気づいていないのですから。

また、たとえその才能に気づいていたとしても、
宇宙から愛される生き方を実践できていないと、
やはり、豊かさや幸せを手に入れて成功することが難しくなってしまいます。

私たち人間は、いってみれば宇宙の創造物のひとつでもあるのです。
だからこそ、私たちを生んだ創造主である宇宙から愛され、
宇宙が味方をしてくれるような生き方をする必要があります。

それは、常に愛と感謝の精神を忘れず、明るくポジティブで素直であること。
また、エゴや執着のない生き方をすることです。

そんな生き方を心がけていると、
実際に「シンクロニシティ(共時性、偶然の一致)」もどんどん起きはじめるようになります。

シンクロニシティは、いわば、宇宙からのあなたへのギフトそのもの。
宇宙から届くメッセージは、確実にキャッチしておきたいものです。
あたな自身の感度を高めて、アンテナを研ぎ澄ましておくと
日々の生活の中に多くのシンクロニシティを呼び込み、
結果的に、夢を引き寄せ、自己実現も叶うようになってきます。

%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%93

 

あなたの運命を教えてくれる「20の紋章」

それでは、KINの番号から自分の特性や才能をどのように確認できるのでしょうか?

それを教えてくれるのが、「20の紋章」です。
マヤ暦占星術では、自分のKINから「太陽の紋章」と「ウェイブ・スペル」という
2つの紋章が導きだされますが、あなたの運命は、
この2つの紋章の中に隠されています(同じ紋章を持つ人は1つ)。

マヤ暦占星術が示す20の紋章は次の通りです。

「赤い竜」、「白い風」、「青い夜」、「黄色い種」、「赤い蛇」、「白い世界の橋渡し」、「青い手」、「黄色い星」、「赤い月」、「白い犬」、「青い猿」、「黄色い人」、「赤い空歩く人」、「白い魔法使い」、「青いワシ」、「黄色い戦士」、「赤い地球」、「白い鏡」、「青い嵐」、「黄色い太陽」

マヤ人は、宇宙には20の神様が存在すると考えていました。
この20の紋章は、そのままあなたのキャラクターや性質・特性を表しています。
つまり、この紋章の中にあなたの才能や能力、人生のテーマ、
恋愛観、健康状態などがすべて秘められているのです。

私は、マヤ暦占星術を学ぶうちに、マヤ暦占星術をより精度の高いものにしたい!
と思うようになりました。
つまり、それは、それぞれの紋章が持つ特性を
どれだけ上手く取り入れることができるか、ということでもあるのです。

そこで、オリジナルの「ライフナビゲート鑑定術」を編み出すにあたって
特に注目したのが、太陽の紋章とウェイブ・スペルの読み取り方です。

そのコツは「顕在意識」「潜在意識」にあります。

太陽の紋章にはより顕在意識が表れ、ウェイブ・スペルの方には、
より潜在意識が表れているのです。

自分の運命を受け止め、与えられたミッションを
しっかりとこの世界で活かしていくためにも、
紋章に秘められたメッセージを正しく解釈することが大切です。

そのためにも、次回は、顕在意識と潜在意識の関係、
そして、それぞれの紋章の正しい読み取り方について
さらに詳しくお伝えしますね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。