私の人生を変えてくれたマヤ暦占星術~MASAYUKIのマヤ暦占星術で自分の運命を知って、もっと幸せになる! Vol.1~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

夢や恋、豊かさを叶えてくれるマヤ暦占星術

 

はじめまして。

マヤ暦占星術師、マヤ暦ソウルナビゲーター、マヤ暦恋愛セラピストのMASAYUKIです。

あなたは、“マヤ暦”をご存じですか?
スピリチュアルに親しんでいる方ならご存じの方もいるかもしれませんが、
「よくわからない」という方でも、
これまでどこかで一度は、マヤ暦という言葉は聞いたことがあるはずです。

マヤ暦とは、今から4、5千年前にメキシコ・グアテマラ周辺で繁栄した文明に生きた
マヤの先住民たちが使っていた暦のことです。
太古の昔に生きていたマヤの先住民たちは、
科学が進んだ現代の私たちに負けないほど高度なテクノロジーを持ち、
その正確な天体観測の知識から、精密な暦を作りあげていたと言われています。
そんな彼らは、全部で17種類もの暦を使い分けていたと言われていますが、
中でも特に、1 周期を260 日とする「ツォルキン(神聖暦)」と呼ばれるカレンダーは、
古代マヤの神官が使用していた神聖な暦として知られています。

一般的には、西暦(グレゴリオ暦)のカレンダーにすっかりなじんでいる私たちなので、
マヤ暦を日々の暮らしに取り入れている人は意外と少ないのではないでしょうか?

「マヤ暦って、ちょっと難しい……」
「マヤ暦って、複雑じゃない?」
そう思っている人も多いことでしょう。
そこで、そんな人たちのために、これからこのコラムを通して、マヤ暦やマヤ暦占星術について、また、マヤ暦占星術で幸せになる方法をお伝えしていきたいと思います。

マヤ暦占星術には、たくさんのミラクルと神秘がつまっています。

マヤ暦に親しみ、マヤ暦占星術を使いこなせるようになれば
宇宙を流れる時間とつながり、たくさんのシンクロニシティ(偶然の一致)が起きはじめます。

また、自分の生まれ持った特性やキャラクターがわかるだけでなく、
生まれてきた理由やこの人生のミッションも知ることができます。
さらには、マヤ暦占星術を日々の生活に取り入れると、
自分の夢や恋、豊かささえも思いのままに叶えることも可能になるのです。

そう断言できるのは、この私こそがマヤ暦占星術と出会い、
その恩恵を人一倍受け取ってきた本人だからです。

そう、私の人生はマヤ暦占星術で劇的に変わったのです。
もし私が、マヤ暦占星術と出会っていなければ、
私自身も夢を次々と叶えることはできなかったと思うのです。

そこで今回は、マヤ暦占星術をきっかけに、
どれだけ私の人生が大きく変わったかを知っていただくためにも、
まずは、私がマヤ暦占星術に出会うまでの道のりをお話したいと思います。

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a1

 

運命に翻弄され、自分探しをしていた青春時代

 

マヤ暦占星術に出会う前の私は、今の私とは正反対の日々を送っていました。
自分のことが好きになれず、いつもマイナス思考。
自分に自信が持てずに、コンプレックスのかたまりのような人間でした。
何しろ、人生の前半は“運命のいたずら”としか思えないような辛い出来事に翻弄される日々を送っていたのです。

幼い頃の私は、やんちゃなワンパク少年からは程遠い繊細な男の子。
食も細くて華奢でおとなしく、いじめられっ子でした。
子供同士の無邪気なケンカでも、相手が痛い思いをすると思うと、
叩かれても、叩き返すことなんてできません。
そんな弱虫な自分に、子供ながらに、この世界での生き辛さをいつも感じていました。
そして、道端の花や鳥、空と会話をしているような不思議な子で
見えない世界とどこか通じているようなところがありました。

 

「マヤ暦占星術が自分自身や人生のテーマを教えてくれることを伝えていきたい!」 私の使命は、しっかりと定まりました。
私の人生を変えてくれたマヤ暦占星術~MASAYUKIのマヤ暦占星術で自分の運命を知って、もっと幸せになる! Vol.1~

そんな私が中学へ上がると、次々と困難が私を襲いはじめます。

成功していた父親の事業が上手くいかなくなり、しばらくすると両親が離婚。
私の方は、なんと10万人に1人の発症率という難病を患い、
入院して生死をさまよう日々を送ることになります。
その後、奇跡的に病気からは回復したのですが、学校に戻っても休学していたために
勉強にはついていけずに、不良への道に走ってしまいます。
でも、人と争うことも苦手な私は、不良にもなりきれずどこか中途半端。

そんな私を見兼ねて、祖父がアメリカ留学を勧めてくれました。
私も心機一転、すべてをやり直そうと希望を胸にアメリカに飛び立ったものの、
到着したその日に、父親の突然の死を知らされることになります。
なんとかやり直そうと思った矢先の不幸な出来事に、私の心はさらに閉じてしまったのです。

その後、留学生活を終えて帰国した後の大学受験は全滅。
けれども、浪人後に入った大学では真面目に勉学に励み、大手商社に就職することができました。
ところが、入社した初日に「ここは自分の居場所ではない」ということがわかってしまったのです。

それはもう、確かなインスピレーションでした。

将来が安定する道にやっとたどり着けたのに、
そこからは、また、自分探しの旅がはじまったのです。

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%a2

マヤ暦占星術との運命的な出会い

 

そして数年後に、ついに人生の師であるスピリチュアリストと出会うことになります。
バリ島の聖職者であり、スピリチュアルメッセンジャーであるその方から
私には「人々に愛を伝え、生き方を示していく」というミッションがあることを知らされました。
またその頃、マヤ暦とも運命的に出会うことになります。

マヤ暦占星術で自分を占ってもらうと、
私が生まれ持った星は「KIN6、銀河の音6、太陽の紋章は、白い世界の橋渡し、ウェイブ・スペルは赤い竜」とのこと(それぞれの用語や意味などは、次回から詳しく解説していきますね)。

その鑑定結果を見ると、これまでの人生を含めて、自分自身のことがピタリと当たっていたのです。
まさに、「生と死」を体験する宿命としてのKINを持って生まれてきていたのです。

例えば、顕在意識を表す「太陽の紋章」の「白い世界の橋渡し」には、
「死と向き合うことで人生観が変わる」という特性があります。
その他、「海外に縁がある」「長い下積みの時代を体験する」
「スピリチュアルの世界と縁がある」なども当たっています。

また、潜在意識を表す「ウェイブ・スペル」の紋章である「赤い竜」には、
やはり、「命の大切さを体験する」という特性があり驚きました。
また、「愛情の星」「自己犠牲が強い」という点に加え、「教育に関心が高い」という点は
教員免許の資格も取っていた私なので、やはり当たっています。

それからは、マヤ暦占星術の面白さ、奥深さにハマって夢中に学ぶようになりました。
これまでの辛い日々も、自分で決めてきたシナリオであったことに気づくと、
自己否定を続けてきた自分が、初めて生まれたことに感謝できたのです。

「マヤ暦占星術が自分自身や人生のテーマを教えてくれることを伝えていきたい!」
私の使命は、しっかりと定まりました。

私がマヤ暦占星術と出会うまでのエピソードを通して
少しはあなたもマヤ暦占星術に興味を持っていただけたでしょうか?

次回から、マヤ暦、そしてマヤ暦占星術についてさらに詳しくお伝えしていきますね!

%e7%94%bb%e5%83%8f%e2%91%b4

一般社団法人日本マヤ暦セラピスト協会HP
http://mayan-astrology.org/

MASAYUKI公式ブログ
http://ameblo.jp/gbrand358/

【運命編】6日間の無料メール講座
マヤ占いで人生の目的と運命を知って自分らしく輝いたライフスタイルを手に入れる方法
http://mayan-astrology.org/mml

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マヤ暦占星術を身に付けて、人生の目的に気づき自分らしく輝いたライフスタイルを手に入れる方法6日間無料メール講座



 

詳細はこちら

SNSでもご購読できます。