ノーベル生理学賞受賞、本庶博士から学ぶ開運マインド

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

親愛なる皆さんドキドキ

 

おはようございますニコニコ

 

今日は、少し自己啓発的なお話をしたいと思いますひらめき電球

 

新刊本にも書きましたとおり、
僕が、スピリチュアルな業界とご縁を結んでから、
早くも10年の歳月が流れます。

 

元々、母方の家系が、お寺だったり、
中高と通っていた学校が、
仏教系の学校だったせいか、

 

この世界には、違和感なく、
すんなり入ることができました。

 

マヤを教わった先生は、
偶然にも、僕と同じKIN6星で、

 

ご縁を感じて、学び始めたのですが、
とても厳しい先生でした。

 

当時、同じKIN6とは
思えなかったです(笑)

 

それから、ほぼ独学で探求し、
たくさんの方を鑑定サーチし、

 

約10年が経過しますが、
まだまだ学びは、尽きません。

 

これからも20年、30年、
50年、60年と探求し続け、
極められればいいなと思っています。

 

今日は、赤い月お月様の日ですが、
太陽の紋章に赤い月を持つ著名人には、

 

つい昨日、ノーベル生理学・医学賞を受賞した、
本庶佑博士がおります。

 

01honjo_topics

 

赤い月は、ミッションに生きる特徴を持つとおり、
ガンを治療するというミッションを果たすために、

 

生涯をかけて、免疫の研究に従事し、
偉業を成し遂げた賢者ですキラキラ

 

akaituki

 

本庶博士から、学べることはたくさんありますが、
成果を出すためには、

 

全エネルギーを一つのことに”集中”し、
”継続”するということです上差し

 

まだ完成していない状態にも関わらず、
あれをやったり、これをやったり、

 

色々と手を出して、結局、
中途半端になっている人を多く見かけますが、

 

天才であれば別の話しですが、
足るを知り、謙虚にコツコツと
努力を積み重ねていくしかありません。

 

本庶博士だって、本業を疎かにして、
多方面の研究に手を出していたら、

 

今回の偉業もきっと成し遂げることは、
できなかったことでしょう。

 

博士は、物事をうまくいかせるためには、
6つの「C」が必要だと説いていますひらめき電球

 

それは何かというと、「C」は英語表記で、

好奇心(Curiosity)
勇気(Courage)
挑戦(Challenge)
確信(Confidence)
集中(Concentration)
継続(Continuation)

の頭文字です。

 

これらの「C」を学生時代から、
ずっと追い求めてきたそうです。

 

学生時代からというと、
約60〜70年の歳月をかけてきたことになります。

 

気が遠くなるような、年月ですよね。

 

60年の研究を通しての成果ですから、
如何に、“集中”と”継続”が大事かが分かってきます。

 

上記の「C」は、全て大切な要素ですが、
何事に於いても、“集中”と”継続”が大切であるかを
お分かりいただけたでしょうかはてなマーク

 

なかなか成果が出ないという方は、
ブレずに一点集中目して、

 

成果が出るまで、
コツコツと継続させていきましょうビックリマーク

 

大願が成就することを祈っています音譜

 

a17ccdb13a4d1c6322eeb6b9ad7e2213_s

 

今日も元気を出して行ってらっしゃい^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。