私たちは平和と調和の国に生きている というだけで、すでに幸運な人生を送っているのかもしれませんね。Vol10-1

 

 

日本中が“ジャパネスク”に包まれる2017年


こんにちは!
マヤ暦占星術師、マヤ暦ソウルナビゲーター、マヤ暦恋愛セラピストのMASAYUKIです。

年始まりの1月も終わり、あっという間に2月を迎えました。

2017年という新しい年の良いスタードダッシュは切れましたか?

さて、1年の中でもこの時期はとくに、新年という清々しさと共に、誰もが自分が“日本人”で
あるというアイデンティティを感じるタイミング
ではないでしょうか?

なぜならば、年末から1月、2月にかけては、日本、そして日本人であることを感じる行事や
風物詩が目白押し
だからです。

たとえば、年末の大掃除からはじまり門松や鏡餅を飾って年越しそばで年越し。
そして、年が明けたばかりのお正月には、家族で集まっておせち料理やお雑煮を食べたり、初
詣に行ったり、年賀状の返事を書いたり、中には着物を着る機会があった人もいたことでしょ
う。

また、初日の出を見たり、初夢の話をしたり、7日になると七草粥を食べたり……。
そして、節分にもなると、各地域では恵方巻きを食べたり、「鬼は外、福は内」と豆撒きで盛
り上がります。

街角からも、メディアからも、人々からも日本らしさ、そう、ジャパネスクな雰囲気があふれ
ています。

すると、たとえ意識はしていなくても、この時期だけは「私って日本人なんだな」「日本って
いいな」などと自分の住む日本という国や、日本人であるという自分のアイデンティティにつ
いて、ふと考えたりする
ものです。

そこで今回は、少しグローバルな視点からマヤ暦占星術を捉えてみたいと思います。
というのも、今、皆さんは新たな年に「今年こそは!」と個人的に夢や目標を胸に抱いている
ことだと思いますが、それらが叶うのも、すべてそれが叶えられる環境が整っているから

す。

つまり、平和で安定している国に暮らせて、経済やすべてのシステムがきちんと機能している
からなのです。

ありがたいことに、私たち日本人にとっては、平和な社会が当たり前になっているので、逆に
ピンと来ないのかもしれませんが、夢や願望などは、外的環境が整った中でこそ持てるもので
もあるのです。
世界に目を向けると、まずはサバイバルすることが目標という人も多いのですから。

そういう意味において、私たちは平和と調和の国に生きているというだけで、すでに幸運な人
生を送っているのかもしれませんね。

Vol10-2

 

 

 

 

マヤ暦占星術で占う日本、そして世界のリーダーたち


それでは、そろそろ本日のテーマに移りたいと思います。

時折、「マヤ暦占星術で国の未来や方向性ってわかるの?」という質問をいただくことがあり
ますが、その答えは、イエス
です。
実際には国自体というよりも、その国のその時のリーダーの運勢を占うことで、その国の未来
をある程度、予測することが可能になってきます。

そしてその際に、自分の国のリーダーだけでなく、関係国や隣国、パートナーシップのある国
のリーダーたちとの関連性も大事になってきます。

では早速、今後の日本を占うためにも、現在、日本のリーダーと日本と関係のある国のリー
ダーたちの関係性を占ってみたいと思います。

まず、現在の日本の安倍首相は、偶然にも私と同じキンナンバーを持つ人で、「KIN6 音6 白
い世界の橋渡し・赤い竜」であり、彼の紋章からもわかるように、積極的に外交を行い国際社
会においてもリーダーシップ発揮しようと務めている方
だということがわかります。

また、日本の未来を占う上で欠かせないのが、アメリカという国。
やはり、気になるのは、就任したばかりのトランプ大統領のことでしょう。
彼のキンナンバーや紋章は、「KIN107 音3 青い手・赤い蛇」。
KIN107は、有能な経営者が多いことでも知られているのですが、すでにご存じのように、彼
はこれまで不動産業やホテル経営などで大成功を収めた実業家であり大富豪
です。

また、そのキャラクターは暴言王とも呼ばれる荒々しいところもあり、政治家としては疑問を
持つ人が多いのも事実。
でも、逆にそんな過激な発言が人気を集めていたりもして、パフォーマンスなどは意図的なも
のであるかもしれず意外にも戦略家なのかもしれません。

そんなトランプ大統領ですが、ちょうど昨年の大統領選の頃に、「白の時代」の8年目を迎え
人生の分岐点となる1年がスタートしたことで大統領に選ばれるという運気の強さを
持ってい
たのかもしれません。

さて、肝心の安倍首相とトランプ大統領との関係ですが、タイプが全く異なる二人なので、互
いの意見や考えを一致させるには、特に安倍首相の方が、相手に一歩譲る関係になることも考
えられます。
今後、安全保障問題をはじめ両国の外交問題に関しては、首相の真価がさらに問われることに
なるでしょう。

また、日本の未来には、日米という二国の関係だけでなくもうひとつの大国、日本とロシアの
関係も大きく関わってきます。

Vol10-4

 

 

 

 

 

日米関係の未来はロシアが握る?


それでは、次に昨年の12月に来日したロシアのリーダー、プーチン大統領のことを見てみま
しょう。

彼のKINと紋章は、「KIN72 音7 黄色い人・白い世界の橋渡し」。

安倍首相とプーチン大統領は、同じ「白い世界の橋渡し」を持ち、プーチン大統領が、安倍首
相のガイドキンに当たります。

日本とロシアは、今でも北方領土をめぐって対立が残り、なかなか歩み寄れないところもあり
ますが実はこの二人は相性的にはウマが合う二人なのです。
けれども今後、プーチン大統領の動きひとつで、安倍首相の方も大きく歩みを変えることが予
測できます。

プーチン大統領は、「白い世界の橋渡し」を持つので、政治の手腕も非常に優れており、特に
外交に対する関心が高い人。

彼自身もアメリカとの関係を改善する機会を狙っていたはずなのですが、かつてのオバマ大統
領とはウマが合う関係ではなかったために、思い通りにならず、歯がゆい思いをしていたことでしょう。

しかし、トランプ大統領とは、類似キンとなるため、アメリカとロシアとの関係は改善に向か
う可能性が高いと言えるでしょう。
実際に二人は、お互いのことを褒め合うなど仲の良さを示してもいます。

実は、日米関係を動かす隠れたキーマンは、プーチン大統領という見方もでき、今後はプーチ
ン大統領の発言やアクションに日米関係も大きく影響を受けそうな気配
もしています。

つい先日、アメリカのリーダーも交代したばかり。
これから3国がどのような関係性を築いていくのか、実に目が離せないところです。
特に、日本は何かとアメリカに影響されてしまう部分も多いのですが本来、日本という国が
培ってきた大和魂を発揮させて、国際間における協調関係を保ちつつも世界に向けて日本らし
いアイデンティティを発信して欲しいものです。
そして、私たちが自分たちの夢や目標を叶えるためにも、いつまでも日本が平和と調和の国で
あること
を願っています。

それでは、次回はバレンタインにふさわしい話題のセレブなカップルたちの関係性についてお
話したいと思います。

次回もお楽しみに!

 

一般社団法人日本マヤ暦セラピスト協会HP
http://mayan-astrology.org/

 

MASAYUKI公式ブログ
http://ameblo.jp/gbrand358/

 

【運命編】6日間の無料メール講座
マヤ占いで人生の目的と運命を知って自分らしく輝いたライフスタイルを手に入れる方法
http://mayan-astrology.org/mml