マヤ暦用語集

●絶対反対KIN(キン)の日

人生を見つめ直す日。
自分に嘘をつかず生きているか、KINの如く生きているかなど、
自分の生き方を振り返り、自分らしく生きていないと方向転換
をさせられることも。
また、「絶対反対KIN」とは、人生が大きく変わるときに出会う
相手のこと。人生の分岐点に出会うことが多い。

●鏡の向こうKIN(キン)の日

宇宙からの祝福がある日。
潜在的に求めているものや願望が現実化しやすい日で、
260日に1度しか巡って来ない幸運日でもある。
また、「鏡の向こうKIN」とは、愛と感謝の気持ちで
KINの如く生きていると出会うことのできる相手

●絶対拡張の刻印

19日に1度巡ってくる幸運日。
この日に刻印を打つと、物事が大きく飛躍したり、発展する。
宇宙に向かって目標や願望をオーダーしたり、物事をはじめたり、
実際にアクションを起こすと良い日。

●黒KIN(GAP KIN)

宇宙のエネルギーが強く降り注ぐ日。
突発的な大活躍をしたり、トラブルが発生したり、変動が起こりやすい
生き方、在り方が大きく影響するので、愛と感謝の心を忘れずに過ごすこと。

●13日の過ごし方

ひとつの城の52日間には、それぞれ計4つの紋章をテーマとした「13日間」が設定されている。
MASAYUKIプロデュースのハッピー・マヤン・ダイアリー2017では、
「○○(紋章名)の13日間の過ごし方」として紹介。
その13日間の期間中は、その日のKINや紋章の特性を意識して過ごすと、人生の質が高まったり、
宇宙とつながって願望の実現が叶いやすくなる。
「ハッピー・マヤン・ダイアリー2017夢と恋を叶えて幸せになる!」は、以下よりお求め
いただけます↓
http://kin6.jp/diary/

●城

260日のサイクルの中で、52日毎に変化するエネルギーの流れのこと。
第1の城から第5の城まで、5つの城に分かれており、それぞれが夢や願望を実現するための
ステップになる。 また、城の各ステップは、魂の流れや心の旅の流れを表している。

●シンクロニシティ

心理学者ユングが提唱した、共時性、意味のある偶然の一致のこと。
シンクロニシティが起きることで、幸運が引き寄せられる。
愛と感謝のマインドで、KINの如く生きていると起こる現象。

●銀河の音

日々のカレンダーにおいて、13日ごとに巡る周期で1から13まで計13種類存在している。
マヤの数字で表現され、“刻印(宇宙にオーダー&誓言、決意すること)”を打つべきタイミングの
日も知ることができる。
正しいタイミングを選んで刻印を打つと、宇宙と同調して、シンクロを加速させることも可能になる。

●ウェイブ・スペル

物事や魂の本質を表し、潜在能力や過去の記憶が眠っている場所であり、
直感力のみなもとである「潜在意識」から見た特性。無意識の領域。
20の紋章のひとつが該当する。

●太陽の紋章

日々の生活の中で思考したり、判断したり、決断して行動したりする意識の領域である「顕在意識」
から見た特性。20の紋章のひとつが該当する。