話題の有名人・セレブたちの運命を鑑定 III~MASAYUKIのマヤ暦占星術で自分の運命を知って、もっと幸せになる! Vol.15~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

改めてビジョンをクリアして行動を起こし、夢を夢のままで終わらせないようにしましょう。 こ
の新しいシーズンに、“新しいあなた”としてリフレッシュして臨んでみてください!

話題の有名人・セレブたちの運命を鑑定 III<br>~MASAYUKIのマヤ暦占星術で自分の運命を知って、もっと幸せになる! Vol.15~

新しい環境に変わる4月に、もう一度自分をリセット!


こんにちは!
マヤ暦占星術師、マヤ暦ソウルナビゲーター、マヤ暦恋愛セラピストのMASAYUKIです。

いよいよ4月に入りましたね!
新しい学校、新しい学年、新しい仕事、新しい職場など、何かと“新しさ”を味わうのがこの季
節。

カレンダー上では、元旦のお正月が1年の始まりではあるのですが、実は、実際には学校など
は4月が新しいスタートの時期。
会社などでも新入社員が入ってきたり、部署や職場の移動があるのは、ほとんどが4月です。

たとえ自分自身には大きな変化がなくても、周囲の人々の方に変化があることで、自分にも影
響があったりすることから、どんな人も何かしらの環境の変化を感じることになるのがこの
シーズンです。

だから、もし、古い自分にリセットをして新しい自分に変わりたいなら、今こそがいいタイミ
ング。
1月の年の初めに新年の抱負が立てられなかったという人がいるならは、すべてのものが再び
新しくなる今のこの4月の上旬に、自分の夢を叶えるための抱負を立て直したり、目標をもう
一度、設定しなおしてみてください!

今年こそ、いい1年にしようと思ったのに、なんとなく、“波に乗り遅れた!”みたいに感じて
いる人がいるならば、今がそのチャンス。
あきらめないで! 今なら、まだまだ間に合います!

この時期に改めてビジョンをクリアして行動を起こし、夢を夢のままで終わらせないようにし
ましょう。
この新しいシーズンに、“新しいあなた”としてリフレッシュして臨んでみてください!

さて、過去2回にわたって、話題の有名人やセレブたちの人生を鑑定してきました。
特に、前回はセレブの代名詞にふさわしいヒルトン一家をセレクト。
ヒルトングループの創設者、故コンラッド・ヒルトンと彼を曾祖父に持つパリス・ヒルトンを
選んだコンセプトは、セレブはセレブでも大富豪という観点からのセレブリティでした。

それでは、今回は、別の観点からもう一人、セレブを選んでみましょう。
そう、セレブと呼ぶならば、やっぱり究極の王子様みたいな人がふさわしいのです。
そこで、今回は王子様といえばあの人、もしくはあの人だった、と思い浮かべる人も多いレオ
ナルド・ディカプリオをマヤ暦占星術で鑑定してみたいと思います。

(画像提供/ウィキペディア)

 

ハリウッドの典型的な“王子様”セレブ、レオ様の運命は?


言うまでもなく、レオナルド・ディカプリオと言えば、誰もが知るハリウッドの大スター
す。

ファンからはレオ様と親しまれ、彼を一躍世界的に有名にした映画「タイタニック」の他に、
「ギルバート・グレイプ」、「ロミオ+ジュリエット」、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・
キャン」など、数多くヒット作品に多数出演してきました。
そして、ゴールデングローブ賞やアカデミー主演男優賞など、数々の名立たる賞を受賞し、近
年では監督やプロデューサー、脚本家としての才能を発揮している
ことでも知られています。

果たして、そんなレオ様はどんなKINを持って生まれてきたのでしょうか?

私は常々、「自分のKINを知り、KINの如く生きること」の大切さをお伝えしているのです
が、これまで 多くの人を鑑定してきて言えることは、 KINの如く生きている方は、やはり成
功者が圧倒的に多いのです。

映画、「ギルバート・グレイプ」ではまだまだ少年のあどけなさが感じられた彼も現在は一人
の男として成長し、アラフォー世代になっている彼ですが、これまでのレオ様の人生を辿って
みると本当にKIN(星)の如く生きている人だということが分かりました。

まず、レオナルド・ディカプリオのKINは、
「KIN77 音12 赤い地球/白い世界の橋渡し」になります。
そして、注目したいのは KIN77の特徴である「黒キン」の星。

黒キンとは、260ある星の中で、52箇所しかない、運がとても強いKINです。

そして「赤い地球」は、芸能芸術の星ともいえるもの。
芸能関係にこの赤い地球を持つ人はとても多く、演技や歌、音楽など何かしら“芸”の世界でプ
ロになると、抜群の能力を発揮することができるのです。
エンターテイメントの世界でのキャリアを積み成功したレオ様の背景には、この赤い地球の存
在があったのですね。

それでは、次に彼のサイクルを見てみましょう。
実は、彼の運命のサイクルを見てみると、「タイタニック」が公開された1997年が、なん
と、彼の「絶対拡張の刻印」の1年と重なる年まわりだったのです。

「絶対拡張の刻印」の年とは、生涯において数回しか巡ってこないものなので、タイタニック
が公開された年と、「絶対拡張の刻印」が重なることは本当にすごい確率なのです!
やはり、レオ様にはこの頃から既に宇宙が味方していたのですね。

 

レオナルド・ディカプリオの本当のミッションとは?


さて次は、レオナルド・ディカプリオの最近の活動と生き方について見てみましょう。

彼は現在、俳優業を休業して国連が任命する「ピース・メッセンジャー」として地球環境活動に
専念しています。

彼の地球環境問題に対する取り組みは、1998年レオナルド・ディカプリオ基金を設立した頃
から始まり、2007年、地球温暖化に焦点をあてたドキュメンタリー・フィルムを制作した
り、環境保護のために700万ドルも寄付するなど、俳優としてだけでなく、環境問題への関心
を世界に喚起し続けています。

さらには、国連の気候サミットで地球環境問題に関するスピーチを行ったりなど、現在はより
人類の意識を変えるために活動している様子です。
そんな彼を見ていると、大きな使命を担った人物であることが分かります。

特に「赤い地球」を持つは、「地球」と名前についているだけあって、環境問題や地球に関す
ることに取り組むと、自分のやるべき使命に気づき、より人生が開かれていく
のです。

実は、俳優として大成功を収めたのも、その裏には、彼の本来のミッションには地球環境問題
を啓発し、世界に影響を与えるべき人という大きなミッションがあるからなのかもしれませ
ん。

「タイタニック」の時代には、あのキラキラ輝く王子様セレブがこんな風な生き方をすると
は、誰もが思ってもいなかったかもしれませんね。
でも、マヤ暦占星術を紐解くと、そんな彼の生き方の軌跡がきちんと現れているから面白いで
すね。

こんなところからも、マヤ暦占星術に興味を持ってくださったらうれしいです。

それでは、次回のコラムもまたお楽しみに。

 

一般社団法人日本マヤ暦セラピスト協会HP
http://mayan-astrology.org/

MASAYUKI公式ブログ
http://ameblo.jp/gbrand358/

【運命編】6日間の無料メール講座
マヤ占いで人生の目的と運命を知って自分らしく輝いたライフスタイルを手に入れる方法
http://mayan-astrology.org/mml

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。